日本橋いづもやのお土産

日本橋いづもやオリジナルのお土産
栗の渋皮煮『篳篥栗(ひちりきぐり)』 3,240円(税込)

熊本県山江村で採れた大粒の利平栗を丁寧に渋皮煮に致しました。

【篳篥栗の名前の由来】
古来より伝わる伝統音楽である雅楽。用いられる楽器も種々様々ですが、その中に「篳篥(ひちりき)」という小さな縦笛があります。古民家の天井にあるような煤けた竹を材料として用い、1本1本太さや硬さの違う竹を職人が調整しながら穴を開け、完成に導きます。しかし、天然素材を扱うだけに熟練の職人であっても作業中に割れが発生したりと、完成までの道のりは険しいといいます。

この栗の渋皮煮も同様、薄い渋皮を破かずに丁寧に仕込みます。ですがやはり大変デリケートなものですから、調理中に渋皮が剥けたり、栗自体が割れたりということが多々起きます。

そんな中、この栗の渋皮煮に名前を付ける際、この両者が思い浮かびました。見事に同じような工程を歩むことから迷わず「篳篥栗」と名付けました。偶然にも「篳篥」の字の中に「栗」の字が隠れているのも偶然ではない気が致します。

その年に採れた栗の中から厳選された大粒の利平栗。丁寧に一粒一粒丹精込めて作られた渋皮煮を是非ご賞味ください。

また他にはないものですので、先様へのお土産にも大変ご好評いただいております。ご予約時にご用命下さい。

totop